雑誌 胆と膵 バックナンバー

胆と膵 2022年1月号
2022年1月号(Vol.43 No.1)月刊誌 毎月15日発行

Liquid biopsy は膵癌の診断・治療をどう変えるか?
定価 3,300円(本体3,000円+税)
ISBNコード:978-4-86517-457-1
サイズ:A4判

[目次]
新春特別企画
―令和4年― 胆・膵領域はこう展開する
胆と膵編集委員会編

特集
Liquid biopsy は膵癌の診断・治療をどう変えるか?〜 企画:山上 裕機
Liquid biopsy の基礎理論:ctDNA, CTC
西尾 和人ほか

膵癌liquid biopsy の最適なターゲットとは?
加藤 真吾ほか

Liquid biopsy で膵癌早期診断は可能か?
池永 直樹ほか

IPMN の悪性度評価とliquid biopsy
高橋 賢治ほか

切除不能膵癌におけるliquid biopsy の将来展望
渡部 文昭ほか

膵癌切除例における術前・術後KRAS 変異circulating tumor DNA
上村 健一郎ほか

Liquid biopsyはBR膵癌における集学的治療を変えうるか?
北畑 裕司ほか

切除不能膵癌のconversion surgery適応にliquid biopsyは有用か?
長井 美奈子ほか

Liquid biopsyが解き明かす膵癌における至適術式
廣野 誠子ほか

Liquid biopsyの膵癌切除後のサーベイランスへの応用
藤森 尚ほか

膵癌診断・治療においてliquid biopsyは腫瘍マーカーを凌駕するか?
衣笠 秀明ほか

Liquid biopsy を含めたがんゲノムプロファイリングがもたらす膵癌薬物療法の新たな方向性
金井 雅史

※ 著者・編集者名等が機種依存文字に該当する場合は、標準文字に変換し掲載しております。