雑誌 胆と膵 バックナンバー

胆と膵 2021年臨時増刊特大号
2021年臨時増刊特大号(Vol.42 臨時増刊特大号)

膵・胆道癌における薬物療法のすべて
定価6,600円:本体6,000円+税10%
ISBNコード:978-4-86517-444-1
サイズ:A4判

[目次]
特集
膵・胆道癌における薬物療法のすべて  企画:古瀬 純司
. 膵・胆道癌薬物療法の現状と今後の展望
膵癌に対する薬物療法の現状と今後の展望
上野  誠

進行胆道癌に対する薬物療法の現状と今後の展望
森實 千種

膵神経内分泌腫瘍に対する薬物療法の現状と今後の展望
池田 公史

供ョ后γ斉惨發砲ける抗悪性腫瘍薬の基礎知識
ゲムシタビンの基礎知識
櫻井  学ほか

フッ化ピリミジン薬(5-FU,S-1)の基礎知識
櫻井  学ほか

プラチナ系薬剤:シスプラチン,オキサリプラチン,カルボプラチンの基礎知識
尾崎 正隆

イリノテカンの基礎知識
臼井 浩明

リポソーマルイリノテカンの基礎知識
臼井 浩明

ナブパクリタキセルの基礎知識
森下 滉己

エトポシドの基礎知識
鈴木 秀隆

ストレプトゾシンの基礎知識
西渕由貴子

エルロチニブの基礎知識
西渕由貴子

エベロリムスの基礎知識
中山 季昭

スニチニブの基礎知識
中山 季昭

臨床現場で役立つオラパリブの基礎知識
横川 貴志

臨床現場で役立つペミガチニブの基礎知識
横川 貴志

エヌトレクチニブの基礎知識
宮口 貴守

ラロトレクチニブの基礎知識
増島 広幸ほか

ペムブロリズマブの基礎知識
荒川雄一朗

ソマトスタチンアナログについて
田島  英

掘イん薬物療法のエビデンス
切除可能膵癌に対する術前補助療法
中川  圭ほか

膵癌根治切除後の術後補助療法
戸癲〔聖

切除境界膵癌に対する術前治療
橋本 大輔ほか

局所進行膵癌に対する治療
尾阪 将人

転移を伴う膵癌に対する 1 次薬物療法
水野 伸匡ほか

転移を伴う膵癌に対する 2 次薬物療法
春日 章良ほか

生殖細胞系列 BRCA 遺伝子変異陽性膵癌に対するPARP 阻害薬オラパリブの位置付け
金井 雅史

切除可能胆道癌に対する術前・術後補助療法
奈良 聡ほか

切除不能胆道癌に対する 1 次薬物療法
井岡 達也ほか

切除不能胆道癌における 2 次薬物療法
岡野 尚弘ほか

FGFR2 融合遺伝子陽性胆道癌に対する薬物療法
奥山 浩之ほか

切除不能膵・胆道癌に対する conversion surgery のエビデンス
川井  学ほか

膵神経内分泌腫瘍の薬物療法
伊藤 鉄英ほか

膵神経内分泌癌に対する薬物療法
肱岡  範ほか

高頻度マイクロサテライト不安定性固形がんに対する免疫チェックポイント阻害薬:膵癌,胆道癌
古川 正幸ほか

NTRK 融合遺伝子陽性固形がんに対する薬物療法
梅本久美子

検ヌ物併用療法:実際のレジメンと副作用対策
ゲムシタビン+ナブパクリタキセル併用療法
辻本 彰子ほか

FOLFIRINOX 療法(modified レジメンを含む)
川本 泰之ほか

フルオロウラシル+レボホリナート+ナノリポソーマルイリノテカン併用療法
小林  智

ゲムシタビン+ S-1 術前補助療法
亀井 敬子ほか

ゲムシタビン+シスプラチン併用療法
仲地 耕平

切除不能な進行癌に対するゲムシタビン+ S-1 併用療法
清水  怜

ゲムシタビン+シスプラチン+ S-1 併用療法(GCS 療法)
大鶴  徹ほか

シスプラチン+エトポシドまたはイリノテカン併用療法
浅木 彰則ほか

后ョ后γ斉惨發砲けるがんゲノム医療の現状と展望
膵・胆道癌におけるがんゲノムプロファイリング検査の現状と今後の展開
林  秀幸

消化器癌のリキッドバイオプシーによるがん遺伝子解析の現状と展望
佐々木満仁

Circulating tumor DNA の現状と展望
大場 彬博

此ョ后γ斉惨發砲ける支持療法:薬物療法を中心に
がん悪液質に対する薬物療法:病態の基本的な事項と対策
河合 桐男ほか

胆膵癌疼痛に対する薬物療法
深澤 義輝ほか

胆管炎に対する支持療法
黒澤 貴志ほか

膵外分泌機能不全に対する薬物療法
松木 亮太ほか

胆道癌および膵癌の化学療法における発熱性好中球減少症
手塚  瞬ほか

悪心・嘔吐に対する支持療法
前園 知宏

末梢神経障害に対する支持療法
鈴木 賢一

薬剤性間質性肺炎に対する薬物療法
市川 靖子

※ 著者・編集者名等が機種依存文字に該当する場合は、標準文字に変換し掲載しております。