雑誌 胆と膵 バックナンバー

胆と膵 2021年8月号
2021年8月号(Vol.42 No.8)月刊誌 毎月15日発行

膵癌,膵炎の病態解明と新規治療開発にむけた研究の最前線
定価3,300円:本体3,000円+税10%
ISBNコード:978-4-86517-435-9
サイズ:A4判

[目次]
特集
膵癌,膵炎の病態解明と新規治療開発にむけた研究の最前線 企画:清水 京子
序文
清水 京子

膵癌微小環境での補体因子が及ぼす癌進展機構への関与
高野 重紹ほか

膵癌肝転移における好中球細胞外トラップの役割
武居  晋ほか

膵癌進展における酸化ストレス応答Keap1−Nrf2 経路の関与
濱田  晋ほか

アドレナリンβ2 受容体を介した膵癌の神経―腫瘍間相互作用
高橋 良太

膵癌治療標的としての新規因子Vasohibin−2
佐藤 靖史

膵癌間質のヒアルロン酸代謝亢進による悪性化メカニズム
佐藤 典宏ほか

癌抑制性癌関連線維芽細胞の同定とその臨床応用について
水谷 泰之ほか

膵癌におけるエクソソームを用いた診断・治療への応用
高橋 賢治ほか

膵癌におけるcirculating tumor DNA(ctDNA)解析の有用性
本谷 雅代ほか

膵癌の分子サブタイプとEUS−FNA 検体を用いた解析
須藤研太郎ほか

膵炎発症におけるリソソーム酵素とオートファジー
岩間 英明ほか

膵内・外分泌機能と亜鉛
山本 明子ほか

PI3K/Hippo 経路と慢性膵炎
小玉 尚宏ほか

慢性膵炎のゲノム解析に関する最新の知見
濱田  晋ほか

慢性膵炎からの発癌メカニズム
松尾 洋一ほか

膵癌のメタボローム解析によるバイオマーカーと新規治療の開発
小林  隆ほか

※ 著者・編集者名等が機種依存文字に該当する場合は、標準文字に変換し掲載しております。