雑誌 胆と膵 バックナンバー

胆と膵 2020年5月号
2020年5月号(Vol.41 No.5)月刊誌 毎月15日発行

進行胆道癌・膵癌の治療限界を打ち破る
―症例から学ぶ究極の治療―

定価:本体3,000円+税
ISBNコード:978-4-86517-371-0
サイズ:A4判

[目次]
特集
進行胆道癌・膵癌の治療限界を打ち破る―症例から学ぶ究極の治療―  企画:山上 裕機
動脈・門脈切除再建を伴う肝左三区域切除術―門脈変異例に対するパッチグラフトを用いた再建―
山田美保子ほか

胆囊癌の外科治療
三浦 孝之ほか

進行肝内胆管癌の治療戦略
三宅謙太郎ほか

進行胆道癌の化学療法
井岡 達也ほか

進行胆道癌の放射線治療
飯塚 裕介ほか

膵頭部癌門脈浸潤の外科治療
星野 由維ほか

膵頭部癌動脈浸潤の外科治療―コンバージョン手術―
岡田 健一ほか

進行膵体部癌に対するConversion surgery としての胃温存腹腔動脈合併膵全摘術の経験
浅野 賢道ほか

進行膵癌の化学療法
岡野 尚弘ほか

放射線治療
手島 昭樹

膵癌に対する重粒子線治療の意義
篠藤  誠ほか

胆道癌・膵癌に対する免疫療法
山口 佳之ほか

研究
十二指腸副乳頭経由での膵疾患の内視鏡的治療:副乳頭切開術(EPST),
膵管バルーン拡張術(EPDBD),膵管ステント留置術(EPS)で
治療した135 症例―当院で考案した新たな治療手技の
有用性を含めて―

辻  忠男ほか

症例
膵体部癌に対するEUS-FNA 後にneedle tract seeding による胃転移をきたした1 例
山岸  農ほか

※ 著者・編集者名等が機種依存文字に該当する場合は、標準文字に変換し掲載しております。