雑誌 胆と膵 バックナンバー

胆と膵 2020年3月号
2020年3月号(Vol.41 No.3)月刊誌 毎月15日発行

内視鏡下採取検体を用いた膵疾患バイオマーカー探索
定価:本体3,000円+税
ISBNコード:978-4-86517-363-5
サイズ:A4判

[目次]
特集
内視鏡下採取検体を用いた膵疾患バイオマーカー探索  企画:大塚 隆生
序文:バイオマーカーの宝庫・内視鏡下採取検体
大塚 隆生

膵液の次世代シークエンサーによる網羅的遺伝子解析
高野 伸一ほか

膵液中microRNA解析による膵癌診断
中村  聡ほか

膵液中CEAとIPMN悪性度診断
廣野 誠子ほか

コラム х拘眩甦診断における膵液細胞診の役割を見直す
花田 敬士ほか

十二指腸液診断による膵疾患のスクリーニングとサーベイランス
末永 雅也ほか

十二指腸液による膵癌早期診断スクリーニング法の開発にむけた取り組み
松永 壮人ほか

バイオマーカー解析による充実性腫瘍の鑑別診断
桑原 崇通ほか

EUS-FNA検体を用いた膵癌治療のゲノムバイオマーカー探索
須藤研太郎ほか

膵囊胞液中バイオマーカー解析の鑑別診断への応用
吉成 元宏ほか

膵囊胞液中バイオマーカー解析による悪性度診断
畠  達夫ほか

EUS-FNA(膵液を含む)を用いたメタボローム解析の展望
小林  隆ほか

コラム◆EUS-FNAとNeedle Tract Seeding
廣岡 芳樹ほか

バイオマーカーの宝庫:膵液と十二指腸液
田中 雅夫

経口膵管鏡の今後の役割:膵液採取/生検検体のバイオマーカー探索への応用
永井 一正ほか

膵囊胞性腫瘍に対するEUS-FNAの今後
中井 陽介ほか

内視鏡を用いずに採取された検体(血清,唾液,尿等)による膵癌のバイオマーカー:現状と今後の展望
土岐 真朗ほか

※ 著者・編集者名等が機種依存文字に該当する場合は、標準文字に変換し掲載しております。