雑誌 胆と膵 バックナンバー

胆と膵 2019年7月号
2019年7月号(Vol.40 No.7)月刊誌 毎月15日発行

良性胆管狭窄に対する診療の実際
定価:本体2,900円+税
ISBNコード:978-4-86517-329-1
サイズ:A4判

[目次]
特集
良性胆管狭窄に対する診療の実際  企画:大塚 将之
胆道癌との鑑別を要する良性胆管狭窄の成因
中沼 安ニ

術後良性胆管狭窄の原因と分類
澤田  雄ほか

胆管狭窄はCT,MRI/MRCP でどこまで診断できるか
小坂 一斗ほか

良性胆管狭窄の胆管像と胆管壁の性状の特徴
中沢 貴宏ほか

良性胆道狭窄における胆道鏡所見
露口 利夫ほか

プローブ型共焦点レーザー内視鏡による胆管狭窄の診断
小畑 雅寛ほか

良性胆管狭窄に対する細胞診,生検診断の意義
能登原憲司

胆道癌と術前診断された良性胆管狭窄の病理像
全   陽

良性胆管狭窄に対する内視鏡的アプローチ
藤澤 聡郎ほか

術後良性胆管狭窄に対する経皮経肝アプローチ
高屋敷 吏ほか

良性胆管狭窄に対するinterventional EUS
松波 幸寿ほか

良性胆管空腸吻合部狭窄に対する外科治療
細川  勇ほか
症 例
遠位胆管原発腺扁平上皮癌の1 例
枝浪 元紀ほか

※ 著者・編集者名等が機種依存文字に該当する場合は、標準文字に変換し掲載しております。