雑誌 胆と膵 バックナンバー

胆と膵 2019年1月号
2019年3月号(Vol.40 No.3)月刊誌 毎月15日発行

温故知新―胆石の成因別/病態別治療法を考える
定価:本体2,900円+税
ISBNコード:978-4-86517-310-9
サイズ:A4判

[目次]
特集
温故知新―胆石の成因別/病態別治療法を考える 企画:海野 倫明
はじめに
海野 倫明

胆管結石の成因別治療法の必要性―内科の立場から―
結石成分から考えた胆管結石の治療

鹿志村純也ほか

胆石の成因別治療法の必要性―外科の立場から
松村 直樹ほか

赤外線吸収スペクトル分析による胆石成分の定量化について
小針 正人ほか

胆道内圧測定法
内藤  剛ほか

超音波画像による胆石分類(土屋分類)
三上  繁

コレステロール石の成因
大屋 敏秀ほか

ビリルビンカルシウム石の成因と治療
徳村 弘実

黒色石の成因
新谷 史明ほか

無機石(炭酸カルシウム石,リン酸カルシウム石)の成因
黒木 祥司ほか

陶器様胆囊の成因と治療
黒木  保ほか

コレステロール胆石とウルソデオキシコール酸
正田 純一

体外衝撃波結石破砕療法(ESWL)治療
井上 善博ほか

病態別にみた肝内結石症の治療法
鈴木  裕ほか

小児胆石症
田中  拡ほか

コラム
新たなcomputed tomography 検査
―Dual energy computed tomography を用いた胆石症の
画像診断法の有用性について―

喜友名 一


※ 著者・編集者名等が機種依存文字に該当する場合は、標準文字に変換し掲載しております。