雑誌 胆と膵 バックナンバー

胆と膵 2018年8月号
2018年8月号(Vol.39 No.8)月刊誌 毎月15日発行

胆管内乳頭状腫瘍(IPNB)の病態と診療の現状
定価:本体2,900円+税
ISBNコード:978-4-86517-282-9
サイズ:A4判

[目次]
特集
胆管内乳頭状腫瘍(IPNB)の病態と診療の現状  企画:乾  和郎
序文:IPNBの疾患概念−現状におけるコンセンサスとコントラバーシ−
窪田 敬一

IPNBの歴史と将来への展望
中沼 安二

IPNBの新たな組織分類の提唱−日韓共同研究も含めて−
窪田 敬一ほか

胆管内乳頭状腫瘍の病理診断
全   陽

IPNBは独立した疾患か?
尾上 俊介ほか

発生部位からみたIPNBの臨床病理学的検討
松本 尊嗣ほか

胆管内乳頭状腫瘍(IPNB):粘液産生の有無で区別する臨床的意義
水間 正道ほか

胆管内乳頭状腫瘍(IPNB)と膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)の比較
加藤 宏之ほか

IPNBの画像による鑑別診断
小森 隆弘ほか

IPNBの経口胆道鏡による診断
山本健治郎ほか

胆管内乳頭状腫瘍(IPNB)の至適術式
植村修一郎ほか

IPNBの外科的治療成績
中台 英里ほか

当院におけるIPNBと乳頭状胆管癌の治療成績の比較
山本  玄ほか

座談会
膵外分泌機能不全と膵酵素補充療法
第1回 膵外分泌機能不全の診断法
司 会清水 京子
討論者中村 光男

※ 著者・編集者名等が機種依存文字に該当する場合は、標準文字に変換し掲載しております。