雑誌 胆と膵 バックナンバー

胆と膵 2018年5月号
2018年5月号(Vol.39 No.5)月刊誌 毎月15日発行

胆道・膵疾患術後の晩期障害
定価:本体2,900円+税
ISBNコード:978-4-86517-270-6
サイズ:A4判

[目次]
特集
胆道・膵疾患術後の晩期障害  企画:遠藤 格
胆道再建部狭窄・胆管炎・肝内結石―経口(内視鏡的)アプローチ―
岩崎 暁人ほか

胆道再建部狭窄・胆管炎・肝内結石―経皮アプローチ―
三好 広尚ほか

胆道再建部狭窄・肝内結石―外科的アプローチ―
樋口 亮太ほか

遺残胆嚢・胆嚢管結石および胆嚢管断端神経腫
山本  淳ほか

門脈閉塞による静脈瘤―外科的アプローチ―(Rex shunt)
岡島 英明ほか

門脈狭窄による静脈瘤の成人例―経皮的アプローチ―
伊神  剛ほか

小児肝移植後の晩期門脈関連合併症に対する
経皮的カテーテル治療について

平田 義弘ほか

膵癌に対する脾静脈合併切除を伴う
膵頭十二指腸切除後の左側門脈圧亢進症

小野 嘉大ほか

膵頭十二指腸切除(PD)後の脂肪肝
坂口 充弘ほか

膵性糖尿病と膵性下痢
高野 重紹ほか

脾摘後重症感染症について―予防と対策―
橋本 直樹

膵・胆管合流異常,先天性胆道拡張症分流手術後の胆道癌
大塚 英郎ほか

膵消化管吻合部狭窄に対する内視鏡治療
松波 幸寿ほか

膵全摘術後栄養障害とQOL
松本 逸平ほか

先天性胆道拡張症術後のAYA世代の管理
松浦 俊治ほか

葛西手術後の長期管理
田中  拡ほか

慢性膵炎に対するFrey手術後の再燃・発癌
江川 新一ほか

※ 著者・編集者名等が機種依存文字に該当する場合は、標準文字に変換し掲載しております。