雑誌 胆と膵 バックナンバー

胆と膵 2017年12月号
2017年12月号(Vol.38 No.12)月刊誌 毎月15日発行

膵神経内分泌腫瘍診療の最前線
定価:本体2,900円+税
ISBNコード:978-4-86517-249-2
サイズ:A4判

[目次]
特集
膵神経内分泌腫瘍診療の最前線 企画:伊藤 鉄英
膵神経内分泌腫瘍の新たな病理組織分類 WHO 2017
笹野 公伸ほか

膵神経内分泌腫瘍(PanNEN)における予後・治療効果予測
―TNM 分類を含めて―

長村 義之

コラム х洪牲估睚泌腫瘍の全ゲノム解析
河邉  顕

新規がん抑制遺伝子PHLDA3 は膵神経内分泌腫瘍攻略におけるもっとも重要な分子の一つである
友杉 充宏ほか

膵神経内分泌腫瘍と遺伝性疾患
櫻井 晃洋

機能性膵神経内分泌腫瘍の存在診断・局在診断
植田圭二郎ほか

膵神経内分泌腫瘍に対する111In ペンテトレオチドを用いたソマトスタチン
受容体シンチグラフィー(SRS)の有用性と今後の展開

小林 規俊ほか

膵神経内分泌腫瘍に対する68Ga DOTATOC の有用性と今後の展開
中本 隆介ほか

膵神経内分泌腫瘍に対する外科治療
中島 陽平ほか

進行性膵神経内分泌腫瘍に対するランレオチドの有用性
伊藤 鉄英ほか

切除不能高分化型膵神経内分泌腫瘍(NET G1/G2/G3)に対する薬物療法
―新しいWHO 分類2017 をふまえて―

森実 千種ほか

切除不能低分化型膵神経内分泌癌(panNEC-G3)の特徴と薬物療法
栗田 裕介ほか

膵神経内分泌腫瘍に対するPeptide Receptor Radionuclide Therapy(PRRT)
絹谷 清剛

コラム◆х洪牲估睚泌腫瘍と国際神経内分泌腫瘍連盟
 (International Neuroendocrine Cancer Alliance:INCA)

眞島 喜幸

コラム:Global ReGISTry NETwork の構築と今後の展望
阪峯 基広

連 載
その「世界」の描き方<第11 回>
早期の癌に挑む―睫據《夫先生―

福嶋 敬宜
症 例
残胃血流評価として術中ICG 蛍光造影が有用であった幽門側胃切除術後膵体尾部切除の1 例
市川 洋平ほか
※ 著者・編集者名等が機種依存文字に該当する場合は、標準文字に変換し掲載しております。