雑誌 胆と膵 バックナンバー

胆と膵 2017年8月号
2017年8月号(Vol.38 No.8)月刊誌 毎月15日発行

膵癌治療の最前線
―諸問題の解決にむけた取り組み―

定価:本体2,900円+税
ISBNコード:978-4-86517-229-4
サイズ:A4判

[目次]
連 載
ちょっと気になる胆・膵画像―ティーチングファイルから―
第35 回 破裂による腹膜炎を契機に発見された膵粘液性嚢胞腫瘍の1 例

清永 麻紀ほか
特集
膵癌治療の最前線 ―諸問題の解決にむけた取り組み― 企画:古瀬 純司
家族性膵癌の治療
松林 宏行ほか

浸潤性膵管癌に対する合成セクレチンを用いた膵液細胞診の診断能
武田 洋平ほか

Borderline resectable 膵癌に対するgemcitabine 併用術前化学放射線療法
―Oncological な視点から見たResectability の問題点について―

盒供―典ほか

T4 膵癌に対する手術を前提とした化学放射線療法の治療成績
岸和田昌之ほか

MRI 拡散強調画像によるBorderline resectable 膵癌術前治療効果判定の取り組み
岡田 健一ほか

切除不能膵癌に対するFOLFIRINOX 療法とゲムシタビン+ ナブパクリタキセル療法の現状―Conversion rate と治療成績―
夏目 誠治ほか

局所進行膵癌における治療奏効例に対する治療戦略―Conversion surgery の適応についての考察―
須藤研太郎ほか

切除不能膵癌に対する化学療法―FOLFIRINOX 療法とゲムシタビン+ナブパクリタキセル療法をどう使い分けるか?
尾阪 将人

高齢者膵癌に対する手術適応についての多施設共同研究
庄  雅之ほか

高齢者膵癌に対する化学療法―包括的高齢者機能評価と治療選択―
小林  智

膵癌に対する免疫療法:治療開発の趨勢
石井  浩

膵癌の癌性疼痛に対するEUS ガイド下神経叢ブロック(融解)術の有用性
宮田  剛ほか

※ 著者・編集者名等が機種依存文字に該当する場合は、標準文字に変換し掲載しております。