雑誌 胆と膵 バックナンバー

胆と膵 2017年4月号
2017年4月号(Vol.38 No.4)月刊誌 毎月15日発行

先天性胆道拡張症の最前線
定価:本体2,900円+税
ISBNコード:978-4-86517-213-3
サイズ:A4判

[目次]
特集
先天性胆道拡張症の最前線 企画:神澤 輝実
序文:先天性胆道拡張症の概念の変遷
神澤 輝実

先天性胆道拡張症の発生論
細村 直弘ほか

先天性胆道拡張症の診断基準の制定をめぐって
濵田 吉則

先天性胆道拡張症の診療ガイドライン(簡易版)
石橋 広樹ほか

先天性胆道拡張症における用語と定義に関する問題
金子健一朗ほか

先天性胆道拡張症の画像診断
齋藤  武ほか

先天性胆道拡張症における胆道癌の発癌機序
森  大樹ほか

先天性胆道拡張症に胆道癌を合併した20 歳以下症例の検討:
日本膵・胆管合流異常研究会登録委員会報告

窪田 正幸ほか

先天性胆道拡張症に合併する膵・胆管の形成異常
漆原 直人ほか

先天性胆道拡張症に対する腹腔鏡手術(小児例)
村上  寛ほか

先天性胆道拡張症に対する腹腔鏡下手術(成人例)
森  泰寿ほか

術後発癌からみた先天性胆道拡張症に対する外科治療の課題
安藤 久實

先天性胆道拡張症における内視鏡的治療の役割
山本健治郎ほか

先天性胆道拡張症に対する分流手術後の遺残胆管癌
大橋  拓ほか

先天性胆道拡張症術後の肝内結石
大塚 英郎ほか

小児期発症の希少難治性肝胆膵疾患における
先天性胆道拡張症の位置付け

佐々木英之ほか

研 究
市中病院における胆道感染症の現状:
胆汁細菌検査の結果より

門倉  信ほか
※ 著者・編集者名等が機種依存文字に該当する場合は、標準文字に変換し掲載しております。