雑誌 胆と膵 バックナンバー

胆と膵 2016年臨時増刊特大号
2016年臨時増刊特大号(Vol.37臨時増刊特大号)2016年11月15日発行

特集:胆膵内視鏡自由自在〜基本手技を学び応用力をつける集中講座〜
定価:本体5,000円+税
ISBNコード:978-4-86517-187-7
サイズ:A4判

[目次]
特集
胆膵内視鏡自由自在〜基本手技を学び応用力をつける集中講座〜
巻頭言:胆膵内視鏡治療をいかに学ぶか,教えるか
伊佐山浩通
機テ盪覿瀬轡好謄爐汎盪覿請犧遒亡悗垢覺靄榁亮
十二指腸鏡の基本構造と手技の関係
松本 和也ほか
超音波内視鏡A to Z
塩見 英之ほか
ERCP におけるスコープの挿入方法と困難例への対処方法
田村  崇ほか
術後再建腸管に対するバルーン内視鏡挿入操作の基本と挿入のコツ
堤 康一郎ほか
供ERCP 関連手技編
◆胆管選択的カニュレーション

カニュレーション手技の種類と使い分け
安田 一朗ほか
VTR でみせるカニュレーションの基本とコツ(Contrast and Wire-guided)【動画付】
杉山 晴俊ほか
VTR でみせる術後再建腸管に対するダブルバルーン内視鏡を用いた胆管カニュレーションのコツ【動画付】
島谷 昌明ほか
膵管ガイドワイヤー・ステント留置下カニュレーションの実際とコツ
白田龍之介ほか
VTR でみせる私のカニュレーション戦略とテクニック【動画付】
今津 博雄
Precut の種類と使い分け
後藤 大輔ほか
VTR でみせるPrecut の実技とコツ【動画付】
窪田 賢輔ほか
コラム①:膵癌早期診断プロジェクト
花田 敬士ほか

◆乳頭処置

EST の基本事項を押さえる
田中 聖人ほか
EST VTR でみせる私のこだわり(1)【動画付】
川嶋 啓揮ほか
EST VTR でみせる私のこだわり(2)【動画付】
潟沼 朗生ほか
VTR でみせるEST 困難例への対応【動画付】
良沢 昭銘ほか
EPBD〜VTR でみせるEPBD 後の結石除去手技のコツ〜【動画付】
辻野  武ほか
内視鏡的乳頭大径バルーン拡張術(EPLBD)の適応と偶発症予防
川畑 修平ほか

◆結石除去

結石除去・破砕用デバイスの種類と使い分け
伊藤由紀子ほか
総胆管結石除去のコツ【動画付】
嘉数 雅也ほか
結石破砕と破砕具使用のコツ,トラブルシューティング
土井 晋平ほか

◆胆道ドレナージ術

閉塞性黄疸の病態と病態に応じた治療戦略
中井 陽介ほか
ステントの種類と使い分け
権  勉成ほか
VTR でみせるMetallic stent の上手な入れ方【動画付】
向井  強ほか
Bridge to Surgery:遠位胆道閉塞
辻本 彰子ほか
非切除悪性遠位胆道閉塞に対するドレナージ戦略
小川 貴央ほか
Bridge to Surgery:悪性肝門部領域胆管閉塞
河上  洋ほか
非切除例悪性肝門部胆管閉塞に対するドレナージ戦略
内藤  格ほか
コラム②:ステント開発よもやま話
伊佐山浩通

◆トラブルシューティング

ERCP 後膵炎への対処と予防
川口 義明ほか
ステント迷入への対処
石垣 和祥ほか
EST 後出血への対処と予防
田中 聖人ほか
穿孔への対処と予防
沼尾 規且ほか

◆膵管Intervention

膵石に対する内視鏡治療
山本 智支ほか
膵管ドレナージの適応と手技
笹平 直樹ほか
膵管狭窄困難例への対処
菅野  敦ほか
掘EUS 関連手技編
膵領域におけるラジアル式およびコンベックス式EUS の標準描出法
蘆田 玲子ほか
胆道系の観察 ラジアル型とコンベックス型の描出法と使い分け
林   毅
胆・膵領域における造影EUS
糸永 昌弘ほか
EUS-FNA の基本的手技と検体処理
荒川 典之ほか
コラム③:EUS-FNA の本邦導入の経緯
山雄 健次
検Interventional EUS
VTR でみせるEUS-BD の基本手技とコツ【動画付】
小倉  健ほか
EUS-BD を安全に行うために
原  和生ほか
VTR でみせる胆道疾患に対するEUS-Rendezvous technique とAntegrade technique【動画付】
岩下 拓司ほか
VTR でみせるEUS-GBD の適応と手技のコツ【動画付】
松原 三郎ほか
VTR でみせるEUS-PD and Pancreatic Rendezvous Cannulation【動画付】
土屋 貴愛ほか
膵仮性褒胞・WON の病態と治療戦略-診断,治療法選択,タイミング-
木田 光広ほか
Endoscopic necrosectomy の基本と手技の工夫
向井俊太郎ほか
コラム④:自由自在な胆膵内視鏡のために必要なことは?
糸井 隆夫
※ 著者・編集者名等が機種依存文字に該当する場合は、標準文字に変換し掲載しております。