雑誌 胆と膵 バックナンバー

胆と膵 2016年11月号
2016年11月号(Vol.37 No.11)月刊誌 毎月15日発行

IPMN の診断と治療はどう変わったか?
定価:本体2,900円+税
ISBNコード:ISBN 978-4-86517-191-4
サイズ:A4判

特集
IPMN の診断と治療はどう変わったか? 企画:山上 裕機
IPMN の病理診断の変遷と現在のコンセンサス
古川  徹

疫学:とくにIPMN 併存膵癌について
花田 敬士ほか

他臓器癌の合併について
多田  稔ほか

国際診療ガイドラインの概要と課題
田中 雅夫

AGA ガイドラインの解説とその問題点
高折 恭一

IPMN の型分類
真口 宏介ほか

診断:US,CT,MRI 診断の有用性と限界は?
石神 康生ほか

診断:IPMN 診療におけるEUS の位置付け〜有用性とこれからの課題〜
竹中  完ほか

診断:ERCP,経口膵管鏡(POPS) による診断
喜多絵美里ほか

非切除例のフォローアップをどのように行うか?
伊達健治朗ほか

外科治療:標準手術について―とくに腹腔鏡下手術の適応は?
千田 嘉毅ほか

外科治療:縮小手術は可能か?
浅野 賢道ほか

膵管内乳頭粘液姓腫瘍:術後再発をどのように発見するか?
廣野 誠子ほか

症 例
膵退形成癌の3 切除例
山城 直嗣ほか
画像所見と組織像との対比が可能であった細胆管細胞癌
(cholangiolocellular carcinoma:CoCC)の1 例

齊藤 宏和ほか
※ 著者・編集者名等が機種依存文字に該当する場合は、標準文字に変換し掲載しております。