雑誌 胆と膵 バックナンバー

胆と膵 2016年2月号
2016年2月号(Vol.37 No.2)月刊誌 毎月15日発行

膵外分泌機能不全と膵酵素補充療法の進歩
定価:本体2,900円+税
ISBNコード:978-4-86517-150-1
サイズ:A4判

[目次]
特集
膵外分泌機能不全と膵酵素補充療法の進歩 企画:神澤 輝実
膵外分泌機能不全の診断法の進歩と膵酵素補充療法の問題点
中村 光男ほか

本邦と欧米での膵外分泌機能不全の考え方の違い
阪上 順一ほか

膵外分泌機能不全の臨床所見と血液生化学検査所見
丹藤 雄介ほか

安定同位体を用いる膵外分泌機能不全の診断:
13C‒Trioctanoin 呼気試験からみた
膵頭切除術後の膵外分泌機能の検討

堀口 明彦ほか

安定同位体を用いる膵外分泌機能不全の診断:
13C‒labeled·mixed·triglyceride 呼気試験を用いた
膵頭十二指腸切除術後の膵外分泌機能評価

廣野 誠子ほか

13C‒dipeptide 呼気試験とBT‒PABA 試験との比較
松本 敦史ほか

膵外分泌機能不全に対する食事療法,膵酵素補充療法とインスリンの使い方
清水 京子

本邦と欧米での消化酵素消化力測定法の違いと消化酵素製剤の違い
洪   繁ほか

Conventional·enzyme と高力価膵酵素薬
伊藤 鉄英ほか

膵頭十二指腸切除(PD)後の脂肪肝発生の危険因子と膵酵素補充療法の有用性
飯澤 祐介ほか

慢性膵炎のFrey 術後の栄養状態の変化
江川 新一ほか

膵全摘術後の栄養管理
竹山 宜典

小児における膵外分泌機能不全の診断と治療
―囊胞性線維症を中心に―

石黒  洋ほか

※ 著者・編集者名等が機種依存文字に該当する場合は、標準文字に変換し掲載しております。