雑誌 Prostate Journal バックナンバー

肝臓クリニカルアップデート 2016年10月号
2016年10月号(Vol.2 No.2)年2回発行(5月・10月)
特集 肝癌治療を極める
定価:本体2,800円+税
ISBN 978-4-86517-189-1
サイズ:A4判

[目次]
特集 肝癌治療を極める
序文 新時代の到来:肝炎・肝癌撲滅への予兆
日本大学消化器外科 高山 忠利
 1)マイクロスフィアは本邦のTACE の何を変えるのか?
 大阪大学大学院医学系研究科放射線医学講座 大須賀慶悟

 2)最新のRFA 事情
 東京大学大学院医学系研究科がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン・消化器内科学 建石 良介

 3)切除適応拡大をどう考えるか
 神戸大学肝胆膵外科 小松 昇平,他

 4)切除困難な部位をどう克服するか
 日本大学医学部付属板橋病院消化器外科 桧垣 時夫,他

 5)肝癌に対する放射線治療の役割
 筑波大学放射線腫瘍科 福光 延吉,他

 6)移植適応のコンセンサス
 京都大学肝胆膵移植外科・臓器移植医療部 海道 利実,他

 7)肝機能不良例を効率よく治療するコツ
 帝京大学ちば総合医療センター内科 小尾俊太郎,他

 8)分子標的薬を使う・やめるタイミング
 神奈川県立がんセンター消化器内科 森本 学,他

 9)C 型慢性肝疾患における肝癌治療後の抗ウイルス療法
 武蔵野赤十字病院消化器科 泉 並木,他

座談会
C型肝炎治療の現状と新規IFNフリー治療の展望
司会:四柳 宏
討論者:坂本 直哉,朝比奈靖浩,石上 雅敏


連載
◎若手に役立つ議論・オピニオンリーダーからのメッセージ
・SVR 後の発癌リスク予測 M2BPGi の新たな発癌予測マーカーとしての有用性
東京医科歯科大学消化器内科・肝臓病態制御学講座 朝比奈靖浩

・SVR 後の発癌リスク予測
SVR 後の発癌予測におけるAFP の有用性:時間依存性ROC 解析による検討

大垣市民病院消化器内科 多田 俊史,他

◎画像診断と病理
・超音波での肝硬度診断(画像診断)
兵庫医科大学内科肝胆膵科・超音波センター 西村 貴士,他

・肝線維化を診断 肝線維化を病理学的に定量する
慶應義塾大学医学部病理学教室 阿部 時也,他

◎新しい診断・薬の情報
・ルストロンボパグ(トロンボポエチン受動体作動薬)
大阪赤十字病院消化器内科 大 往夫

・C 型肝炎ウイルスのジェノタイプ(genotype)
愛媛大学大学院医学系研究科消化器・内分泌・代謝内科学 渡辺 崇夫,他

◎各都道府県における肝疾患対策取り組みの現状
・富山県における肝疾患対策取り組みの現状
富山県立中央病院内科(消化器) 酒井 明人,他

◎エキスパート外科医に聞いてみよう
・肝切除におけるサージカルデバイスの使用とその変遷
東京大学肝胆膵外科 市田 晃彦,他

臨 床 研 究
・C 型肝炎治療中のHCV コア蛋白定量法の有用性
武蔵野赤十字病院消化器科 板倉 潤,他

※ 著者・編集者名等が機種依存文字に該当する場合は、標準文字に変換し掲載しております。