書籍-泌尿器科・透析・腎臓

ガスレス・シングルポート泌尿器手術 基盤・上級編
		非気腹手技を修める先端型ミニマム創内視鏡下手術
ガスレス・シングルポート泌尿器手術 基盤・上級編
非気腹手技を修める先端型ミニマム創内視鏡下手術

編集:木原和徳
定価:本体7,500円+税
ISBNコード:978-4-86517-256-0
発行年月日:2018年2月20日
サイズ・頁数:A4判・220ページ


[商品説明] ガスレス・シングルポート手術の基盤・上級編です。
オールカラー掲載で写真も大きく「一目で分かる」一冊です。
[目次]
本手術の20要点
まえがき
巻頭図解の解説
1.巻頭図解の要約
2.ガスレス/ 腹膜温存/ 予防的抗菌薬無投与/ ロボサージャン
1)ガスレス 2)腹膜温存 3)予防的抗菌薬無投与/ 最小投与 4)ロボサージャン・システム
本手術の体系
1.シングルポートの位置
2.シングルポートのサイズ
3.シングルポートの調節と安全の担保
4.ふたつの単孔からのアプローチと腹膜との関係
5.主要手術におけるシングルポートのサイズ
6.共通手順と個別手順
7.腰部ポートからの共通手順と個別手順
8.下腹部ポートからの共通手順と個別手順
共通手順の実際
1.腰部ポートからの共通手順(術野作成)
2.下腹部ポートからの共通手順(術野作成)
個別手順の実際
1.個別手順のポイント
2.副腎摘除の個別手順
1)副腎摘除のフローチャート 2)左副腎摘除のひと目図 3)右副腎摘除のひと目図
3.根治的腎摘除の個別手順
1)根治的腎摘除のフローチャート 2)根治的左腎摘除のひと目図 3)根治的右腎摘除のひと目図
4.腎部分切除の個別手順
1)腎部分切除のフローチャート 2)腎の可動性を利用する 3)腎部分切除(末梢型)のひと目図 4)腎部分切除(腎門型)のひと目図
5.腎尿管全摘除の個別手順
1)腎尿管全摘除のフローチャート 2)腎尿管全摘除のひと目図
6.前立腺全摘除の個別手順
1)前立腺全摘除のフローチャート 2)前立腺全摘除のひと目図(4 枚組)
7.膀胱部分切除の個別手順
1)膀胱部分切除のフローチャート 2)膀胱部分切除のひと目図
8.膀胱全摘除の個別手順
1)膀胱全摘除のフローチャート 2)膀胱全摘除のひと目図
9.シングルポートからの操作器具使用例
10.周術期の予防的抗菌薬
1)ミニマム創内視鏡下手術における予防的抗菌薬の減量/ 無投与
手術の実際:エキスパートの手術
1.副腎摘除と根治的腎摘除
1)2cm 創(1 円玉創)からのガスレス・シングルポート副腎摘除
2.腎部分切除
1)ガスレス・シングルポート無阻血・無縫合腎部分切除:腎門型腫瘍 2)ガスレス・シングルポート無阻血腎部分切除のポイント 3)経臍アプローチによるミニマム創内視鏡下手術─腎部分切除と腎尿管全摘除
3.腎尿管全摘除
1)臍単一創から行うガスレス・シングルポート腎尿管全摘除
4.前立腺全摘除
1)ガスレス・シングルポート前立腺全摘除のポイント―尖部処理法 2)前立腺全摘除―出血を少量にするコツ 3)高リスク前立腺癌に対する解剖学的拡大前立腺全摘除
−Anatomical En-bloc Radical Prostatectomy
4)前立腺全摘除後の鼠径ヘルニア発症を防止する腹膜鞘状突起切断法
5.膀胱部分切除
1)ガスレス・シングルポート膀胱部分切除―膀胱内外アプローチによる3D ハイブリッドテクニック
6.膀胱全摘除
1)経腹腔操作を用いないガスレス・シングルポート膀胱全摘除
7.骨盤リンパ節郭清
1)ガスレス・シングルポート骨盤リンパ節郭清
ロボサージャン・システムの解説
1.顔に装着する機器
1)ロボサージャン・システムにおける3D ヘッドマウントディスプレイ(HMD)
2.頭の動きに連動する機器
3.手に装着する(持つ)機器
4.足に装着する機器
将来展望
1.ガスレス・シングルポート・ロボサージャン・準自動手術
2.灌流下鏡視手術(水中手術)とミニマム創手術の親和性
3.泌尿器科におけるVR/AR/MR ナビゲーション手術
オピニオン─本手術と他の低侵襲手術との比較
1.オピニオン-1)
ミニマム創内視鏡下前立腺全摘除と腹腔鏡下ロボット支援前立腺全摘除(RARP)の比較
2.オピニオン-2)
ミニマム創内視鏡下手術とロボット支援手術の比較─前立腺全摘除
3.オピニオン-3)
腹腔鏡,ロボット支援手術の経験をふまえてミニマム創内視鏡下手術を再考する
4.オピニオン-4)
編者のオピニオン
文献
1.本文中の文献
2.本手術に関する主な手術書
3.日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌 掲載論文
4.本手術に関する主な英文論文
本手術の沿革
索引
あとがき
※ 著者・編集者名等が機種依存文字に該当する場合は、標準文字に変換し掲載しております。