書籍-泌尿器科・透析・腎臓

透析療法ネクスト VIII
透析療法ネクスト VIII 編集:秋葉 隆・秋澤 忠男

定価:本体2,600円+税
ISBNコード:978-4-87151-358-6
発行年月日:2009年6月1日
サイズ・頁数:A4判・133ページ

[商品説明] 慢性透析医療における感染症の重要性 [目次]
■座談会
■透析患者における感染症対策
司   会:秋澤 忠男
討論者:隈 博政、大薗 英一、菊地 勘
■特集『感染症対策』
■新興感染症─ SARS と新型インフルエンザ─ 秋葉 隆
  1. はじめに
  1. 重症急性呼吸器症候群(SARS)
  2. 新型インフルエンザ感染
  1. おわりに
■外来部門における感染症対策と感染症治療 相野田 祐介、平井 由児、戸塚 恭一
  1. 外来における感染対策
  2. 外来における、感染症治療
  3. ワクチン
■透析患者における感染経路の特徴とその対策 原田 孝司、李 嘉明、船越 哲
  1. はじめに
  1. 基本的感染防止対策
  2. 血液媒介感染症
  3. 接触感染症
  4. 飛沫感染および空気感染
  5. 空気感染
  1. おわりに
■HBV 感染症、HCV 感染症 洞 和彦
  1. はじめに
  1. 透析患者のHBV 感染、HCV 感染の疫学
  2. HBV 感染症、HCV 感染症の自然経過
  3. 透析患者の慢性肝炎
  4. 透析患者における肝硬変、肝細胞癌の合併
  5. 慢性肝炎合併透析患者の管理
  6. 慢性肝炎の治療
  7. HBV・HCV 感染予防
  1. おわりに
■HIV(Human immunodeficiency virus) 安藤 稔
  1. はじめに
  1. HIV 感染およびHIV 患者に対する基本的考え方
  2. 透析関連施設における標準予防策
  3. HIV 汚染事故時の対応策
  1. おわりに
■MRSA 吉田 耕一郎、小司 久志、二木 芳人
  1. はじめに
  1. MRSA のメチシリン耐性機序
  2. MRSA の分離頻度
  3. MRSA 感染症の治療
  4. 腹膜透析患者におけるMRSA 感染症
  5. MRSA 感染対策
■結核─対策と最近の話題 日ノ下 文彦
  1. はじめに
  1. 結核の疫学
  2. 結核の診断
  3. 結核の治療
  4. 結核に対する感染対策─医療現場ですべきこと
  5. 結核に対する最近の話題と今後の課題
■インフルエンザの病院感染対策 畠山 修司
  1. はじめに
  1. インフルエンザウイルスとは
  2. インフルエンザの病院内伝播を防ぐために知っておくべきこと
  3. インフルエンザの病院感染対策
  4. インフルエンザ患者が入院した場合の感染対策
  5. 病院内でアウトブレークが起こったら
  6. インフルエンザの化学予防
  7. ワクチン接種は重要
  1. おわりに
■肝炎ウイルス感染発生時の対処と再発防止策 田中 純子、吉澤 浩司
  1. はじめに
  1. 透析医療施設における肝炎ウイルス感染の実態
  2. 感染事故発生時の対処
  3. 肝炎ウイルス感染の実態把握の実際
  4. カルテ調査の遡及期間と調査手順の実際、および留意点
  5. 立入調査の実際と要点
  6. 改善指導(介入)の実際と留意点
  7. 改善指導(介入)実施後の効果評価
  1. おわりに
■長期透析患者の心を支える 大平 整爾
  1. はじめに
  1. ひとの生へのこだわり
  2. 「ひとの命」の捉え方の変化
  3. 障害の受容(度)〜病み人の心理〜
  4. 透析患者の満足度
  5. 心身の相関
  6. 透析患者の心理的特徴:うつ有病率の国際比較
  7. 維持透析患者への支援
  8. 透析スタッフ・家族への心理支援(メンタルケア)
  1. おわりに
■透析患者と医療スタッフ間の信頼関係構築 安藤 亮一
  1. はじめに
  1. 感染症対策における患者・医療スタッフ間の信頼関係構築の意義
  2. 透析患者との信頼関係の構築のために
  3. 患者参加型の感染症対策
  4. 各感染症対策における患者と医療スタッフの信頼関係
  1. おわりに
■透析療法の歴史(8)―バスキュラーアクセスの歴史― 北岡 建樹
バスキュラーアクセスの意義
瀉血
透析黎明期のバスキュラーアクセス
外シャントの開発
自己血管による内シャント
バスキュラーアクセスの種類と特徴
人工血管による内シャント
バスキュラーアクセスの合併症
バスキュラーアクセスの現状
おわりに
※ 著者・編集者名等が機種依存文字に該当する場合は、標準文字に変換し掲載しております。