書籍-その他

COVID-19発生時における診療継続計画
COVID-19発生時における診療継続計画 編集:医療法人社団如水会

定価 2,200円 (本体2,000円+税)
ISBNコード:978-4-86517-455-7
発行年月日:2022年2月25日
サイズ・頁数:B5判・63頁


[商品説明] いざという時に強い病院を作る。
COVID-19に限らず、緊急時、スムーズに対応・運用できる体制を確保することを目的とした、診療継続計画-BCP(business continuity plan)を作成するために、是非ご活用ください。
実臨床を基に作成!
オールカラーで見易いB5版。
[目次]
病院概要
はじめに
第犠 総論
1.基本方針 (1)当法人の役割
(2)基本的な対応方針
(3)新型コロナウイルス発生時に優先すべき診療業務
2.本BCP の策定・変更・周知について (1)対策本部
(2)策定と変更
(3)職員への周知
3.意志決定体制 (1)意志決定者
4.意志決定に必要な最新情報の収集・共有化とリスクレベル判断基準 (1)情報収集部門の設置
(2)情報の周知
(3)新型コロナウイルスなどに関する情報確認先リスト
(4)熊本県リスクレベル
(5)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とは
(6)濃厚接触者と接触者
(7)PPE 基準と着脱について
第蕎 平時の備え
1.新型コロナウイルス発生時の診療体制確保の準備 (1)優先診療業務の決定と流行への備え
(2)診療に確保できる人員と対応能力の評価
(3)連絡網の整備
(4)その他の準備
2.感染対策の充実 (1)感染対策マニュアルの整備
(2)教育と訓練
3.在庫管理
第珪 蔓延状況に応じた各部署の対応
1.新型コロナウイルス発生時の対応
2.患者への対応 (1)外来部門
(2)入院部門
(3)透析部門
(4)検査室
(5)リハビリテーション室
(6)在宅診療部門〈訪問診療〉
(7)薬局
(8)栄養管理室
3.各部門の換気・消毒実施状況
4.職員への対応 (1)職員体制の見直し
(2)職員の感染対策
(3)職員の健康管理
5.地域/通院患者への情報周知 (1)通院患者への情報周知
6.事務機能の維持 (1)事務部門(総務機能)
(2)委託業者との連携
(3)業者連絡先リスト
7.クラスター発生時の主な対応 (1)診療部門(外来・透析・病棟)
(2)外部への対応
8.地域における連携体制 (1)病診連携,病病連携

資料

※ 著者・編集者名等が機種依存文字に該当する場合は、標準文字に変換し掲載しております。