書籍-その他

臨床に役立つ最新血糖管理マニュアル
臨床に役立つ最新血糖管理マニュアル 監修:小川 道雄,諏訪 邦夫,門脇 孝
編集:花 和弘


定価:本体4,500円+税
ISBNコード:978-4-87151-424-8
発行年月日:2012年4月29日
サイズ:B5判

書評者 竜 崇正(千葉県がんセンター)
 近年高齢者人口の増加は著しく,今から5 年以内には本邦の人口の4 人に1 人が65 歳以上の高齢者が占めると予想されている。そのため治療を要する多くの患者さんの高齢者比率が高まると想像される。また一方,糖尿病罹患率は本邦において増加の一途をたどっており,30 歳以上の男性においては17.4%が糖尿病とされる。また1997 年からの10 年間において糖尿病の可能性が否定できない人を合わせると1.6倍の増加を示している。したがって診療を受けに来る多くの患者さんが糖尿病合併および高齢者といった背景を持つことが強く予想されてくる。高齢者についての加齢医学はgerontology としてこれまで発展してきており,多くの知見が明らかにされつつある。また糖尿病学もその疾病の分子レベルの病態解明が進み,その実地臨床上の管理も新たな展開を迎えようとしている。この両者はまた屡々併存していることが多く,臨床上極めて大きな問題となってきている。とくに外科領域および内科領域において,その実地臨床管理上この点がこれまで以上に複雑な要因を考慮しなければならず緻密な管理が必要となっている。
 本編集にあたられた高知大学外科の花和弘教授はこれまで人工膵臓の開発等々多くの優れた糖尿病管理についての独創的かつ実臨床上有用な研究成果をあげてこられた。したがって本書の特徴としては,多くのこれまでの血糖管理の本が総論的な内容であったものがほとんどであるのに比して,さまざまな疾病あるいは外科手術術式別にその細かな病態が述べられ,かつ実地管理上のポイントを解りやすく記載されている点が特徴にあげられる。実際血糖管理といっても当然のことながら同じ血糖値を呈していても行われている治療,手術術式によりその後の予測される変動をも予知して管理していくことが重要である。そのため当然対応がおのおのの症例で異なってくるはずである。本書では症例毎の違いを明瞭に記載している点が利用する側には大変有用なナビゲーターとなっている。本書は,全身管理を行うすべての内科系および外科系医師,さらには救急医や総合医には是非一読して,ベッドサイドの患者管理に常に携帯して有効に利用していただきたい。

2012年7月

[商品説明] 本書は内科・外科・麻酔科・救急救命領域に長年携わってこられたエキスパートの先生方に以下の観点から執筆をお願いした。
(1)読んだ直後から臨床現場ですぐに役立つ、(2)どの項目から読んでいただいても構わない読み切り型とする、(3)血糖管理の諸問題の解決法をより実践的かつより具体的に示す。
血糖管理に難渋しそうな臨床現場のあらゆる場面を想定して、それらのニーズにすぐに応えることができる実践書を目指した。
[目次]
I.内科領域
  1. 糖質代謝異常の概念と血糖管理の意義(笹子敬洋,ほか)
    1. 糖尿病の成因・病態
    2. 糖尿病の合併症
    3. 糖尿病の治療目標
    4. 新規発症糖尿病と血糖コントロールのエビデンス
    5. 血糖・血圧・脂質の包括的管理のエビデンス
    6. 正常に近い血糖コントロールのエビデンス
    7. 新しいエビデンス
    8. 3 points lessons
  2. 糖尿病患者の血糖管理─薬物療法を中心に─(駒津光久)
    1. 糖尿病の治療目標
    2. 2 型糖尿病の病態と治療薬
    3. 経口血糖降下薬の使い方
    4. 3 points lessons
  3. インスリン分泌能とインスリン抵抗性の評価法(大杉 満,ほか)
    1. 研究で用いられる方法
    2. クランプ法
    3. Minimal Model
    4. より簡便な方法
    5. 経口糖負荷試験を用いる方法
    6. 3 points lessons
  4. 標準グルコースクランプ法の実際と病態診断(絵本正憲,ほか)
    1. グルコースクランプ法とは
    2. グルコースクランプ法の原理
    3. 標準グルコースクランプ法の実際
    4. 標準グルコースクランプ法によるインスリン抵抗性の病態診断
    5. 新たな人工膵臓 STG-55 によるグルコースクランプ法への期待
    6. 3 points lessons
  5. 高インスリン正常血糖クランプによる肝糖代謝評価法(田村好史,ほか)
    1. 高インスリン正常血糖クランプ法の理論と肝糖放出測定の実際
    2. 肝糖取り込みの臨床的意義と測定法の論理
    3. 高インスリン正常血糖クランプと経口糖負荷の併用法
    4. 介入による SGU の改善効果
    5. 3 points lessons
  6. 血糖降下薬の薬理効果─インスリン製剤を中心に─(入江 伸,ほか)
    1. 健常人での PK/PD 試験
    2. 従来からの単純な絶食空腹状態での方法(従来からの方法)
    3. グルコースクランプによる方法
    4. 従来からの方法とグルコースクランプによる方法との比較
    5. 人工膵臓の有用性
    6. 3 points lessons
  7. 糖尿病治療の新しい展開─インクレチン関連薬─(松久宗英)
    1. インクレチンによる代謝制御の生理的意義と病態的意義
    2. インクレチン関連薬の臨床特徴とその適応
    3. インクレチン関連薬の多彩な期待される効果
    4. 3 points lessons
  8. 糖尿病治療の新しい展開─continuous glucose monitoring─(西村理明)
    1. Continuous glucose monitoring とは
    2. CGM データからみた耐糖能の悪化パターン
    3. CGM が示す血糖変動指標による効果判定
    4. 1 型糖尿病における CGM の有効活用
    5. 3 points lessons
  9. 糖尿病治療の新しい展開─人工膵島─(西田健朗,ほか)
    1. 人工膵島開発の歴史
    2. ベッドサイド型人工膵島
    3. 携帯型人工膵島
    4. 3 points lessons
  10. 糖尿病急性期における患者管理(目黒 周,ほか)
    1. 高血糖性糖尿病昏睡の病態
    2. 高血糖性糖尿病昏睡の診断と治療
    3. 低血糖性昏睡の診断と治療
    4. 糖尿病性昏睡の予防
    5. 3 points lessons

    II.外科領域

  11. 外科周術期の血糖管理の意義(花和弘,ほか)
    1. ERAS に果たす血糖管理の役割
    2. ストレス誘導性高血糖の病態
    3. Glucose toxicity(糖毒性)とは?
    4. 周術期高血糖状態の誘因と病態.
    5. 血糖管理は ERAS 促進の鍵を握っている
    6. 3 points lessons
  12. 外科手術の周術期栄養管理(海道利実)
    1. 栄養評価と栄養管理の適応
    2. 術前栄養管理
    3. 術前絶飲食
    4. 術後栄養管理
    5. 3 points lessons
  13. 肝臓外科手術の血糖管理(岡林雄大,ほか)
    1. 肝臓外科周術期における栄養管理法
    2. 人工膵臓を用いた肝切除周術期の血糖管理:sliding-scale 法との比較試験
    3. 肝阻血再灌流時の血糖変動
    4. 肝切除周術期の強化インスリン療法による肝再生の促進
    5. 3 points lessons
  14. 膵臓外科手術の血糖管理(宗景匡哉,ほか)
    1. 膵切除に伴う膵性糖尿病の疫学と病態
    2. 人工膵臓を用いた膵切除周術期血糖管理に関する基礎研究
    3. 人工膵臓を用いた膵切除周術期の血糖管理に関する臨床研究
    4. 膵臓外科術後慢性期の血糖管理
    5. 3 points lessons
  15. 食道外科手術の血糖管理(北川博之,ほか)
    1. 食道癌の外科手術
    2. 人工膵臓を用いた食道癌周術期血糖管理
    3. 3 points lessons
  16. 心臓血管手術の血糖管理(小山淑正,ほか)
    1. 基礎
    2. 臨床
    3. 3 points lessons
  17. 脳神経外科手術の血糖管理(古瀬元雅,ほか)
    1. 脳神経外科疾患における血糖管理の位置付け
    2. 脳神経外科手術における血糖管理
    3. 脳神経外科領域での血糖管理の今後
    4. 3 points lessons
  18. 肝移植の血糖管理(川人伸次,ほか)
    1. 肝移植術中の血糖値変動
    2. 周術期の血糖管理
    3. 肝移植術中の血糖管理
    4. 肝移植術後の血糖管理
    5. 長期予後に及ぼす影響
    6. 3 points lessons
  19. 膵臓移植の血糖管理(伊藤壽記,ほか)
    1. 膵臓移植について
    2. 本邦における膵臓移植の特徴
    3. 膵臓移植におけるインスリン分泌の特徴
    4. 移植膵に対する血糖管理
    5. 3 points lessons
  20. 人工膵臓を用いた外科周術期血糖管理(花和弘,ほか)
    1. 強化インスリン療法(IIT)の登場と問題点
    2. 人工膵臓を用いた周術期血糖管理
    3. 将来展望
    4. 3 points lessons

    麻酔・救急領域

  21. 周術期全身管理と血糖管理の意義(石田 等,ほか)
    1. 糖尿病と関連の深い疾患:糖尿病の併在を疑う病態
    2. 周術期高血糖:外科的糖尿病とインスリン抵抗性.
    3. 周術期高血糖:感染の誘発
    4. 血糖管理の標準
    5. 当初の報告への批判
    6. 3 points lessons
  22. 麻酔中の外科的侵襲と血糖管理(岩坂日出男)
    1. 外科的侵襲とストレス反応
    2. 手術侵襲と高血糖
    3. ERAS と血糖管理
    4. 有効性に影響する因子
    5. 血糖管理の実施方法
    6. 3 points lessons
  23. 麻酔中の糖補給と血糖管理(藤野寛子,ほか)
    1. 周術期の栄養管理の問題点
    2. 周術期の適切なブドウ糖投与量
    3. 3 points lessons
  24. 糖尿病患者における麻酔中の血糖管理(江木盛時)
    1. 糖尿病合併患者と手術
    2. 糖尿病合併の有無の診断
    3. 現在推奨される非糖尿病患者に対する周術期血糖目標値
    4. 急性期血糖降下療法の有効:非糖尿病患者と糖尿病患者の比較
    5. 血糖管理と予後の関係:非糖尿病患者と糖尿病患者の比較
    6. 糖尿病患者における急性期血糖管理の実際
    7. 糖尿病患者における急性代謝症候群の危険性とその対処
    8. 3 points lessons
  25. 術後集中治療における重症患者の血糖管理(柴田純平,ほか)
    1. 集中治療室入室までの周術期血糖管理の影響
    2. 術後集中治療における至適血糖値
    3. 術後 ICU における手技と血糖維持
    4. 3 points lessons
  26. 人工膵臓を用いた麻酔中の連続血糖測定の精度と意義(山下幸一)
    1. 新しい血糖管理の概念
    2. 手術中の血糖管理は患者予後に影響するのか?
    3. 血糖管理法の実際
    4. 血糖測定の頻度
    5. 採血量の問題
    6. 血糖測定値の精度
    7. インスリン投与アルゴリズムの精度
    8. 新たな血糖測定技術
    9. 新たなインスリン投与法
    10. 3 points lessons
  27. 麻酔中の血糖管理における人工膵臓の果たす役割(矢田部智昭,ほか)
    1. 麻酔中の血糖管理を行う上での問題点
    2. 血糖値が大きく変化する術式を知る
    3. 麻酔中の血糖管理における人工膵臓の利点
    4. 麻酔中の血糖管理における人工膵臓の問題点と注意点
    5. 3 points lessons
  28. 重症患者に対する栄養管理と血糖管理の意義(平澤博之,ほか)
    1. 重症例に対する栄養管理をめぐって
    2. 重症例に対する血糖管理をめぐって
    3. 3 points lessons
  29. 敗血症患者に対する患者管理(小鹿雅博,ほか)
    1. 敗血症に対する血糖管理の背景
    2. 敗血症に対する血糖管理の問題点
    3. われわれの血糖管理
    4. 血糖管理と mediator
    5. 3 points lessons
  30. 急性期脳損傷患者に対する血糖管理(小畑仁司)
    1. 中枢神経系の糖代謝
    2. 高血糖による脳傷害
    3. 血糖と各傷病の関係
    4. 血糖管理
    5. 人工膵臓への期待
    6. 3 points lessons

    その他

  31. 治療機器:人工膵臓STG®-55(小林正樹,ほか)
    1. 人工膵臓の歩み
    2. 人工膵臓の果たす機能と役割
    3. 人工膵臓の構成
    4. 操作の流れ
    5. 安全機構,警報発生時の処置について
    6. 3 points lessons
※ 著者・編集者名等が機種依存文字に該当する場合は、標準文字に変換し掲載しております。