書籍-救急・集中治療

人工呼吸器ハンドブック2014
人工呼吸器ハンドブック2014 共著:丸川征四郎・福山 学

定価:本体6,800円+税
ISBNコード:978-4-86517-048-1
発行年月日:2014年2月26日
サイズ・頁数:A4判・324頁

[商品説明] 国内で入手可能な人工呼吸器を網羅した一冊です。
各社で異なる、人工呼吸モードの概念・機能などを、分かりやすく分類、解説しています。
今回で、4回目の改訂版となります。
[目次]
機チ蹇 ]
  1. 人工呼吸器の概略
    1. 概  念
    2. 目  的
    3. 構成要素
    4. 機  能
  2. 人工呼吸モードの分類
    1. 駆動部位による分類
    2. 強制換気の挿入法による分類
    3. 気道換気式(陽圧式人工呼吸法)の制御形態における分類;Pressure Ventilation(圧換気)対Volume Ventilation(量換気)
  3. トリガー機構の構成
    1. 概念と目的
    2. 構成要素
    3. 制御方式(制御機構と作動理論)
    4. 装飾要素
供チ輜凄/郵呼吸モードの概要
  1. 概念と基本設計
    1. sCMV,A/C(Volume)
    2. PSV
    3. PCV,A/C(Pressure)
    4. A/C
    5. SIMV
    6. EMMV
    7. AMV
    8. MMV
    9. VS,PRVC
    10. BIPAP,Bi-Level,Bi-Vent,BiPhasic
    11. APRV
    12. PAV,PAV +,PPS
    13. Pressure Augumentation, VAPS
    14. AutoFlow,PRVC,APV
    15. ASV
    16. INTELLiVENT-ASV
    17. NAVA
掘コ届凄/郵呼吸器
  1. 株式会社アイビジョン(Aivision)  ALV-3000
  2. CareFusion,  VIASYS AVEA
  3. CareFusion,  VIASYS VELA
  4. CareFusion,  VIASYS Infant Flow SiPAP
  5. CareFusion,  VIASYS 3100 A HFOV
  6. Puritan Bennett  PB840
  7. Covidien  Puritan Bennett 560
  8. Dräger  Carina
  9. Dräger  V500
  10. Dräger  VN500
  11. Dräger  EvitaXL,Evita4
  12. Dräger  Savina300
  13. eVent Medical  Inspiration 7i ventilator
  14. GE Healthcare  iVent201
  15. GE Healthcare  Engstrom Carestation
  16. Hamilton Medical  Hamilton G5,S1
  17. Hamilton Medical  Hamilton C3,C2,C1
  18. MAQUET  Servo-i,Servo-s
  19. Metran  ハミングX
  20. Metran  R100
  21. France Air Liquide Medical Systems  MONNAL T50
  22. Newport Medical Instruments, Inc.  E-100,E-100A,E-100i,E-100s,E-100M
  23. Newport Medical Instruments, Inc.  e360
  24. NewPort Medical Instruments, Inc.  HT70,HT70plus
  25. Pulmonetic Systems  LTV1200
  26. Philips Respironics  BiPAP AVAPS,BiPAP S/T
  27. Philips Respironics  Trilogy200,TrilogyO2
  28. Philips Respironics  V60
  29. France ResMed  HELIA
  30. SLE  SLE5000
  31. Smith Medical  ventiPAC,babyPAC,paraPAC200,paraPAC200MRI
  32. Smith Medical  VR-1
  33. ResMed Australia  VPAP Adapt SV,Auto Set CS2
  34. ResMed Australia  NIP Nasal V(Steller150)
  35. ResMed Paris  VS Ultra,Integra,Serena
検ド奸 ]
  1. トリガー機構の変遷
    1. 黎明期
    2. ニューマティック全盛期
    3. 電気制御の始まり
    4. SIMV の普及
    5. フロートリガー方式の台頭
    6. PSV の普及
    7. センサー技術の進歩
    8. 流量計測技術が人工呼吸器の設計図を規定する
    9. これからのトリガー機構
  2. 時相分類とモード
    1. 時相による換気の分類
    2. 時相分類に基づくモードの表現
  3. 用語の解説
  4. 過去の人工呼吸器のまとめ
    1. 構  造
    2. 制御機構
    3. 可能なモード
    4. SIMV の機構
    5. 換気バックアップ機能
    6. Volume ventilation
    7. Pressure ventilation
    8. PSV の機構
参考文献
あとがき
※ 著者・編集者名等が機種依存文字に該当する場合は、標準文字に変換し掲載しております。