書籍-救急・集中治療

エンドトキシン・自然免疫研究 15 飛躍する自然免疫研究
エンドトキシン・自然免疫研究 15 飛躍する自然免疫研究
編集:日本エンドトキシン・自然免疫研究会

定価:本体2,500円+税
ISBNコード:978-4-87151-452-1
発行年月日:2012年12月31日
サイズ・頁数:B5判・68ページ

[商品説明] 2011年12月10日(土)に兵庫医科大学医学部3号館(兵庫県西宮市)で行われた、第17回日本エンドトキシン・自然免疫研究会の講演内容をまとめた1冊です。このシリーズは、エンドトキシン・自然免疫研究会に所属している研究者の功績を掲載してきた貴重な書籍です。 [目次]
第1章 シンポジウム1「エンドトキシンの測定とその特性」
  1. ピロリ菌リポ多糖の抗原性変化 −サーファクタント蛋白質との相互作用と病原性との関連性−
      横田伸一 他
  2. 寄生性細菌H.pyloriおよびP.gingivalisリピドAの化学合成と免疫調節活性
      藤本ゆかり 他
第2章 シンポジウム2「自然免疫応答と疾患」
  1. 肺障害を主徴とする致死的エンドトキシンショックの新しい実験モデル
      横地高志 他
  2. 熱傷後の複合免疫不全病態での各種細菌感染に対するIL-18の投与効果とその機序について
      木下 学 他
第3章 一般演題
  1. 光散乱法を用いたアンチトロンビン契什泙離┘鵐疋肇シン測定
      落合雅樹 他
  2. Endotoxin scattering photometory (ESP)法による血中ET測定の現状と課題
      清水智治 他
  3. 肺血症におけるアンチトロンビン(Antithrombin掘AT)の効果
      岡 伸樹 他
  4. ローヤルゼリーに含まれる脂肪酸10-hydroxydecanoic acidの翻訳抑制によるLPSシグナル制御
      高橋圭太 他
  5. Porphyromonas gingivalisジンジパインによるヒト歯肉上皮細胞におけるIL-33発現誘導
      多田浩之 他
  6. 2型糖尿病自然発症ラットの免疫応答
      武田裕司 他
  7. 肺血症モデルとしてのTNF-α誘導肝細胞死と酸化ストレス−シグナル伝達機構からのアプローチ−
      坂口修平 他
  8. 急性期における慢性炎症状態
      近森正昭
  9. 低濃度一酸化炭素吸入はPPARγを介した抗炎症作用によってラット出血性ショック後の急性肺傷害に治療効果をもたらす
      川西 進 他
※ 著者・編集者名等が機種依存文字に該当する場合は、標準文字に変換し掲載しております。