書籍-消化器

転移性肝がん診療ガイドライン

転移性肝がん診療ガイドライン
編集:日本肝胆膵外科学会

定価3,850円:本体3,500円+税10%
ISBNコード:978-4-86517-420-5
発行年月日:2021年8月31日
サイズ・頁数:A4判・140ページ

[商品説明] 本書は,大腸癌のみならずGIST・GEP-NET・卵巣癌・胃癌・胆道癌・膵癌・乳癌の8悪性腫瘍について詳細に検討がなされた、世界ではじめての転移性肝がんの診療ガイドラインです。
是非、実臨床においてご活用ください。
[目次]
発刊によせて
機ニ椒イドラインの必要性と作成方法
供コ芦弊攴適応に関するアルゴリズム
掘Background Question(BQ)
BQ1  肝転移に対する非手術治療の画像による判定基準にはどのようなものがあるか?
BQ2  肝転移の治療計画において腫瘍生検は行われるか?
BQ3  肝転移を有する患者に対する肝外病変検索に用いられる検査は何か?
BQ4  大腸癌肝転移において,技術的に切除可能と診断されても,
肝切除によって病勢を制御できないと判断される因子は何か?
BQ5  胃癌肝転移に対する肝切除例の予後因子は何か?
BQ6  GIST(gastrointestinal stromal tumor)の肝転移切除例の予後因子は何か?
BQ7  胆道癌肝転移の切除後予後因子は何か?
BQ8  乳癌の肝転移に対して,肝切除以外の局所治療法にはどのようなものがあるか?
BQ9  消化器原発神経内分泌腫瘍(gastroenteropancreatic neuroendocrine tumor:GEP-NET)
肝転移に対して推奨される肝切除以外の局所治療法は何か?
BQ10  転移性肝がんに対する標準化学療法は何か?
検Clinical Question(CQ)
CQ1 肝転移診断と治療計画にMRI検査は推奨されるか?
CQ2 術前薬物療法後に消失したと考えられる肝転移巣の診断にMRIは推奨されるか?
CQ3 転移性肝がんに対して肝切除術を受ける患者に対して,parenchymal-sparing hepatectomy(PSH)
はmajor hepatectomy(MH)と比較して推奨されるか?
CQ4 転移性肝がんの外科手術を行う場合,腹腔鏡下肝切除術は開腹肝切除術に比べて推奨されるか?
CQ5 転移性肝がんに対して,肝切除に比べて局所焼灼療法を施行することが推奨されるか?
CQ6 胃癌肝転移に対する化学療法後の肝切除は,化学療法単独に比し推奨されるか?
CQ7 GIST肝転移に対し,肝切除は推奨されるか?
CQ8 胆道癌肝転移に対する肝切除は,肝切除を行わない場合に比し推奨されるか?
CQ9 卵巣癌の肝転移あるいは肝臓に接する腹膜播種に対して,肝切除および肝切除を伴う
減量手術+化学療法は,化学療法単独に比し,推奨されるか?
CQ10 膵癌肝転移に対する外科切除は推奨されるか?
CQ11 乳癌の肝転移に対して,肝切除は化学療法のみと比べ推奨されるか?
CQ12 消化器原発神経内分泌腫瘍(gastroenteropancreatic neuroendocrine tumor:GEP-NET)
肝転移に対する肝切除は,肝切除以外の治療法と比較して,推奨されるか?
CQ13 肝転移の切除後に対する化学療法は,肝切除単独に比し,推奨されるか?
CQ14 切除不能肝転移を伴う癌患者に対して化学療法後の肝切除は,化学療法継続に比し推奨されるか?
后Future Research Question(FRQ)
FRQ1 転移性肝がん手術中の超音波診断に造影超音波(CEUS)診断を加えることは推奨されるか?
FRQ2 結腸直腸癌肝転移に対する肝切除術において,適切な切除マージンは何mmか?
FRQ3 同時性結腸直腸癌肝転移に対する原発巣と肝転移巣の同時手術はどのような患者に推奨されるか?
FRQ4 同時性肝転移を有する患者に手術を行う場合,liver first approachはclassical approachに比べ推奨されるか?
FRQ5 一期的手術が不可能な両葉多発肝転移患者に対して肝切除を行う場合に,効果的で安全な術式は何か?
FRQ6 肝に限局する切除不能な肝転移患者に対する肝移植は行わない場合に比して推奨されるか?
FRQ7 大腸癌肝転移切除後の残肝再発に対して,再肝切除術を行うことは,行わない場合と比較して,推奨されるか?
FRQ8 大腸癌肝転移において,化学療法後のdisappearing liver metastasesの患者に対して,
肝切除と非切除は,どちらが推奨されるか?
FRQ9 どのような肝外転移を伴う大腸癌肝転移の場合に,肝切除と肝外転移の合併切除は,
行わない場合に比べて推奨されるのか?
索引
※ 著者・編集者名等が機種依存文字に該当する場合は、標準文字に変換し掲載しております。