書籍-コメディカル・看護

消化器内視鏡技師のためのハンドブック 改訂第7 版
消化器内視鏡技師のためのハンドブック 改訂第7 版 監 修:日本消化器内視鏡学会/消化器内視鏡技師制度委員会
編 集:松井敏幸,赤松泰次,田村君英

定価:本体6,000円+税
ISBNコード:978-4-86517-146-4
発行年月日:2016年01月30日
サイズ・頁数:B5判・307ページ

[商品説明] 9年ぶりの大幅改訂(改訂第7版)!!
オールカラー掲載。
実臨床における消化器内視鏡技師のための新バイブル!!
[目次]
機チ蹇 ]
1.内視鏡の概念,分類
  1. A .内視鏡機器の種類(方式による分類)
  2. B .内視鏡機器の種類(部位別の分類)
  3. C .内視鏡システムの構成(光源装置)
  4. D .電気手術器(高周波装置)の基礎知識
2.内視鏡検査に必要な解剖学と生理学
  1. A .消化管の形態と機能
  2. B .肝臓・胆道・膵臓の形態と機能
3.内視鏡検査に必要な薬剤とその薬理学
  1. A .通常の内視鏡検査で用いられる薬剤
  2. B .麻酔薬
  3. C .特殊な内視鏡検査で用いられる薬剤
4.消化器内視鏡部門
  1. A .内視鏡部門の設計
  2. B .内視鏡データ管理
  3. C .内視鏡検査台
5.内視鏡機器の洗浄消毒とメインテナンス
  1. A .内視鏡の洗浄・消毒
  2. B .内視鏡洗浄消毒装置
  3. C .内視鏡および処置具の洗浄・滅菌
  4. D .環境(内視鏡室内)の消毒
  5. E .内視鏡機器の保存とメインテナンス
6.内視鏡検査に伴う偶発症と対策
  1. A .抗血栓薬に対する配慮
  2. B .前処置による偶発症
  3. C .上部消化管検査
  4. D .大腸検査
  5. E .胆・膵検査
  6. F .高齢者の内視鏡検査
7.消化器内視鏡技師制度
  1. A .消化器内視鏡技師制度の目的
  2. B .消化器内視鏡技師制度の現状
8.医療保険制度(内視鏡と関連法令)
  1. A .内視鏡と保険医療の基本法律
  2. B .医療器具および新規薬剤の導入について
  3. C .医療上知り得た患者の秘密
  4. D .内視鏡検査と法律上の注意
供ジ〆困亮尊
1.内視鏡検査を始める前の準備
  1. A .検査に必要な器材・薬品の有無と点検
  2. B .患者への問診
  3. C .内視鏡検査前における内視鏡検査の説明
  4. D .内視鏡検査前の患者の全身状態の把握
2.上部消化管検査(経口法)
  1. A .前処置
  2. B .後処置
  3. C .診療内容の記録
3.上部消化管検査(経鼻法)
  1. A .前処置
  2. B .後処置
  3. C .診療内容の記録
4.下部消化管検査
  1. A .大腸内視鏡
5.小腸内視鏡
  1. A .前処置
  2. B .前投薬
  3. C .検査室
  4. D .内視鏡挿入の実際と点墨
6.カプセル内視鏡
  1. A .カプセル内視鏡の変遷
  2. B .カプセル内視鏡診断システム
  3. C .カプセル内視鏡合併症とパテンシーカプセル
  4. D. カプセル読影方法
  5. E. 内視鏡検査の診断精度向上
  6. F.小腸カプセル内視鏡検査の実際
  7. G.大腸カプセル内視鏡の保険適用と課題
7.拡大内視鏡(超拡大内視鏡)
  1. A .拡大内視鏡の定義
  2. B .拡大内視鏡の目的
  3. C .拡大内視鏡と色素内視鏡
  4. D .拡大内視鏡検査のための前処置・検査手技・検査の介助・後処置
  5. E . 超拡大内視鏡
8.NBI を含む画像強調観察法(IEE)
  1. A .咽頭・食道
  2. B .胃
  3. C .大腸
9.機能検査
  1. A .食道内圧検査
  2. B .食道pH モニタリング
  3. C .内視鏡的純粋膵液採取法
  4. D .乳頭括約筋・胆道内圧測定法
10.胆膵系超音波内視鏡
  1. A .検査の準備・機器の準備
  2. B .検査後の注意
11.消化管超音波内視鏡
  1. A .検査の準備・機器の準備
  2. B .検査後の注意
12.胆・膵内視鏡
  1. A .胆道鏡
  2. B .膵管の内視鏡検査
  3. C .内視鏡的逆行性膵・胆管造影
13.腹腔鏡検査
  1. A .腹腔鏡検査とは
  2. B .腹腔鏡検査の適応
  3. C .腹腔鏡検査の禁忌
  4. D .腹腔鏡下肝生検の手技の実際
  5. E .腹腔鏡検査の合併症
  6. F .腹腔鏡検査のインフォームド・コンセント,検査介助者の心得
  7. G .腹腔鏡検査を施行することの意義
14.内視鏡集検
  1. A .胃がん検診(ABC 検診)
  2. B .大腸がん検診
掘ゼN鼎亮尊
1.内視鏡的止血法(非バリックス)
  1. A .内視鏡的止血法
  2. B.内視鏡的止血法の機器と止血機序
2.内視鏡的ポリペクトミー
  1. A .内視鏡的ポリペクトミーとは
  2. B .内視鏡的ポリペクトミーの原理
  3. C .内視鏡的ポリペクトミーの適応と禁忌
  4. D .偶発症とその対策
  5. E .内視鏡的ポリペクトミーにおける注意点
3.内視鏡的粘膜切除術(EMR)
  1. A .適応
  2. B .切除の実際とEMR 手技の流れ
  3. C .手法の要点と処置具
  4. D .特殊な切除術
  5. E .偶発症・合併症と処置環境
  6. F .術後の患者管理
4.内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
  1. A .ESD の概要
  2. B .ESD 施行の実際について
  3. C .周術期の管理とパスについて
5.食道・胃静脈瘤の治療法
  1. A .食道・胃静脈瘤の成因と治療目的
  2. B .食道・胃静脈瘤治療の種類
  3. C .内視鏡治療の実際
6.上・下部消化管狭窄に対する内視鏡的治療
  1. A .内視鏡的バルーン拡張術
  2. B .ステント留置術
  3. C .その他の拡張術
7.内視鏡的乳頭切開術
  1. A .目的
  2. B .手技
  3. C .使用される処置具
  4. D .偶発症
8.内視鏡的胆道ドレナージ術
  1. はじめに
  2. A .内視鏡的胆道ドレナージの適応
  3. B .内視鏡的胆道ドレナージの種類
  4. C .手技の実際
  5. おわりに
9.緊急内視鏡検査
  1. A .緊急内視鏡とは
  2. B .緊急内視鏡の対象疾患
  3. C .緊急内視鏡の準備
  4. D .緊急内視鏡の実際
  5. おわりに
10.その他の内視鏡的処置
  1. A .内視鏡的胃瘻造設術
  2. B .内視鏡的異物除去
11.小児内視鏡
  1. A .適応疾患
  2. B .実際の方法
検ド臓 〕
1.生検
  1. A .生検の方法
  2. B .材料の処理法
  3. C .ヘリコバクター・ピロリ
  4. D .胃生検の組織診断
  5. E .大腸生検の組織診断
  6. F .遺伝子診断
  7. G .生検診断に求められるもの
2.細胞診
  1. A .内視鏡検査と細胞診
  2. B .検体採取・処置法
  3. C .固定・染色・細胞判定
3.切除標本の取扱い
  1. A .内視鏡切除標本の取扱いの意義
  2. B .内視鏡切除標本の取扱いの実際
  3. C .組織標本の作製法
后ゼ腓兵栖気汎盪覿製蠍
1.食道
  1. A .胃食道逆流症(GERD),食道炎,食道潰瘍
  2. B .バレット食道,バレット食道腺癌
  3. C.食道癌,食道粘膜下腫瘍
  4. D .食道裂孔ヘルニア
  5. E .マロリーワイス症候群
  6. F .食道静脈瘤
2.胃
  1. A .胃炎
  2. B .胃潰瘍
  3. C .胃ポリープ
  4. D .胃癌
  5. E .胃粘膜下腫瘍
  6. F .ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎
  7. G .アニサキス症
3.十二指腸
  1. A .十二指腸潰瘍
  2. B .乳頭部癌
4.大腸
  1. A .大腸の腫瘍性病変
  2. B .大腸の炎症性病変
5.肝疾患
  1. はじめに
  2. A .肝表面の腹腔鏡所見の総論
  3. B .主な慢性肝疾患の腹腔鏡所見(各論)
  4. おわりに
6.胆道
  1. A .胆管癌
  2. B .胆石症
  3. C .胆囊炎
7.膵
  1. A .急性膵炎
  2. B .慢性膵炎
  3. C .膵癌
  4. D .膵石
付録
略語一覧
索引
※ 著者・編集者名等が機種依存文字に該当する場合は、標準文字に変換し掲載しております。